スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コストと総括☆天井断熱(7)

こんにちは
mame186.jpg
まめです。

前回、ようやく完了した天井断熱の作業の
かかったコストを一応まとめておきます。
ceiling30.jpg
どれぐらいお金がかかったかは
DIYを行う人にとって大きな関心事かと思います。

(1)断熱材
カネライトフォーム 厚さ40mm 16枚購入しました。
カネライトフォーム
実際より多く見積もってしまい、結果的に3枚余らせてしまいました。
1,280円×16枚+消費税=21,504円(購入先:オートミ
2万円以上の発注で送料は無料でした。

(2)仕上げ材
ラワン合板 厚さ5.5mm 14枚
ラワン合板
これは、断熱材の反省を生かして、発注したので
ぴったり使い切ることができました。
950円×14枚+消費税=13,965円(購入先:近くの材木屋さん)
送料は無料でした。

(3)角材
赤松桟木24mm×48mm 2000mm 3本
ceiling16.jpg
仕上げ材の下地は屋根の垂木を利用しましたが、
端部で垂木が隠れている部分に角材が必要でした。
158円×3=474円(購入先:ホームセンター)

(4)木工用ボンド
大きなボトルタイプと詰替用を2つ購入し
798円+498円×2=1,794円(購入先:ホームセンター)


この他使った材料としてはコースレッドがありますが
元々あったものを使用しました。

従って材料代の合計37,737円でした。

(5)道具
今回の作業用にインパクトドライバーを購入しました。
マキタ 充電式インパクトドライバ TD090DWX
13,635円(購入先:Amazon)



インパクトドライバーを合わせると
合計51,372円使ったことになります。

ちなみに今回、仕上げの合板貼りの工事を一度
とある工務店さんに見積りをお願いしたところ
20万円との金額がでてきました。
断熱材の貼り付けも含めると
25~30万円ぐらいはかかるかも知れません。

人件費や、工務店さんの経費がそれだけ
かかるということですね。
安全や時間を買うのでから、
妥当な金額だと思います。
(プロの仕事ですので、精度も全然違います。)

一方で、キャッシュがない人にも、
こうした、安価な改修の可能性が開かれているのが
DIYの良さかも知れません。
ceiling31.jpg
工事中、生活空間がしっちゃかめっちゃかになるのは
覚悟が必要です。
掃除もこまめに行う必要があります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
今回、若干後悔している点は、
断熱材の性能を高いものしておけば良かったことです。
というのも、やはり今年のような猛暑が続くとさすがに
空調が効きにくいからです。

今回使用したのは、カネライトフォームのスーパーE-Iというタイプで
一番断熱性能の低いタイプでした。
カネライトフォーム E-I

スーパーE-Ⅲにした場合、同厚で1.5倍ほどの断熱性能になります。
14枚で発注していれば、3万円ぐらいで購入できました。
1万円ぐらいの価格差で1.5倍の断熱性能と考えると
けちるべきところでないと思います。

ちなみにカネライトフォームは断熱材の商品名で
スタイロフォームの方が、一般的には有名ですね。
基本的には性能はどちらも同じで、
違いは色ぐらいです。(スタイロフォームは青色です。)

mame185.jpg
おおがかりのDIYはこれが最後だと思います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
  ご訪問ありがとうございました。
  ブログ村に参加しています。
  どれか一つ押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

ついに完了!☆天井断熱(6)

こんにちは
mame184.jpg
まめです。

前回、天井断熱工事の仕上げとなる
合板貼りに着手しました。
天井に合板貼り付け☆天井断熱(5)

今回は完結編です。

ceiling23.jpg
インパクトドライバーの導入のおかげで
効率的に合板貼りが行えています。

ceiling24.jpg
梁と取り合う部分は
合板を切り欠く必要があります。

ceiling25.jpg
カッターとのこぎりを使って
コの字状に切り出します。

大きな板を貼ったのち、
残りの細長い部分を
丸鋸で切り出して貼ります。
ceiling26.jpg
施工中とても気になっていたのですが、
ラワン合板の素地があまりに綺麗すぎて
天井の色が浮いて見えるのです。

ということで、途中からオイルをラワン合板に
塗り込むことにしました。
table15.jpg
テーブルを手入れする際に購入した
クルミオイルを早速塗ってみました。

ceiling27.jpg
だいぶ、色が濃くなるのが分かります。

ceiling28.jpg
乾いた状態です。いい感じに濡れ色になり
梁や壁の針葉樹合板と調和しています。

こうして合板を貼る作業と、
オイル塗りを同時に進めていきました。

こうして大体4日ぐらいかけて
完成しました。
かなり大がかりな作業でした。
ceiling29.jpg
というか、作業の割に地味な変化です。
あまり見た感じの変化が伝わらないのが
残念ですが、とにかく
天井の断熱が完了したのは良かったです。

mame183.jpg
「大変だったにゃん」(遠い目)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
  ご訪問ありがとうございました。
  ブログ村に参加しています。
  どれか一つ押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

天井に合板貼り付け☆天井断熱(5)

こんにちは
mame181.jpg
まめは階段でもごろごろします。

前回、天井断熱のDIY施工を
再開したことを書きました。
天井断熱の施工再開☆天井断熱(4)

前回で断熱材をすべて貼ることができたので
次は、その上から合板を貼って
天井面を仕上げます。

合板にも様々な種類と厚みがありますが、
今回は、ラワン合板の5.5mmを使うことにしました。
ceiling19.jpg

本当は、壁側にも使っている
針葉樹合板を使いたかったのですが、
厚みが9mm以上になり、重量がかさむため
素人が高所でとりまわすのは不可能だと判断し、
それ以外の合板を検討しました。

plywood.jpg

上の比較した画像で分かるとおり、
針葉樹合板は荒々しい木目が特徴で
シナ合板はつるつるの表面が上品です。
ラワン合板はその中間で、
表面はシナ合板よりざらざらしていますが
針葉樹合板ほどは荒々しくありません。

今回は小屋裏の荒々しい状態を、
そのまま表現したかったので

シナ合板では上品すぎるので、ラワン合板としました。
ラワン合板は厚みも選択肢が多く、
剛性と、重さのバランスを考えて
5.5mmのものを選びました。

近くの材木屋さんに連絡したら、
その日のうちに配達して下さいました。
1枚950円(税抜)で14枚購入しました。
合計13,965円(税込)でした。

垂木部分にボンドをつけて
ceiling21.jpg

母屋に合板を引っ掛けながら、位置合わせして
ceiling20b.jpg
垂木にコースレッドで固定します。

今回の作業で、非常に役に立ったのが
impactdriver.jpg
マキタの充電式インパクトドライバ TD090DWXです。

インパクトドライバーは、普通の電動ドライバーと違って
下穴を開けずにネジを打ち込むことができるので
作業量が半分にすみ、日曜大工に必須のアイテムです。

ところが、まめの家ではそのインパクトドライバーなしで
DIYをやってきたのです。

今回、高所の天井面という制約がある作業になるので
自由のきく充電式のインパクトドライバーを
購入する必要があると判断したわけです。

結論から言うと、この判断は大正解でした。
TD090DWXは、とても軽量なので、天井に向けても
非常にラクに取り扱うことができました。

なんで、今まで買わなかったのか謎すぎます。


ということで、ガシガシ合板を固定していきます。
ceiling22.jpg
初日は、とりあえず3枚固定しました。

ラワン合板が思った以上に
綺麗すぎるのが気になりますが
とりあえず、全部貼るのが目標です。

mame182.jpg
高所の作業は危険なので十分気をつけて下さい。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
  ご訪問ありがとうございました。
  ブログ村に参加しています。
  どれか一つ押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

天井断熱の施工再開☆天井断熱(4)

こんにちは
mame180b.jpg
まめです。

今年のGWに天井(屋根の裏側)に断熱材を
自分たちで貼ったことを記事に書きましたが、
天井の断熱はじめました
断熱材の施工☆その2
断熱材の施工☆その3

それ以来、時間がなくて放置してありました。

しばらくの間、薄ピンク色の断熱材が天井面に露出している状態で
さすがにみっともないと思っていました。
ceiling13.jpg
手前に梁があるせいか言うほど気になりませんが・・・

涼しくなってから残りを・・などと
考えていたところ、

とある雑誌から、
この家を取材したいとの依頼を受けました。
さすがに、このままでは格好が悪いので、
これを機に残りを仕上げようと、
ようやく重い腰をあげたわけです。

ということでお盆休みを利用して
天井を仕上げることにします。

まずは、断熱未施工部分を片付ける必要があります。
ceiling15.jpg
壁側の区画は仕上げ板を貼るための下地となる
角材がなかったため、断熱材を貼る前に
その施工が必要です。

垂木の高さ(厚み)50mmに合う角材が見つからなかったため、
代替材の確保に難儀しましたが、
ホームセンターで24mm×48mmという角材を
見つけることができました。(2mmは誤差とします。)
ceiling16.jpg
角材を端にコースレッドで固定します。

ceiling17.jpg
壁側のすべての区画に角材を取り付けました。

その後、断熱材を前回と同じ要領で貼り付けます。
ceiling18.jpg
分かりづらい写真ですが、
これで、すべての区画に断熱材を貼ることが完了しました。

ということで、
次回から、仕上げ工事を進めたいと思います。
垂木に合板を貼るという作業を行います。

mame179.jpg
「これからが大変だにゃん」


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
  ご訪問ありがとうございました。
  ブログ村に参加しています。
  どれか一つ押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

断熱材の施工☆その3

こんにちは。まめです。
mame106.jpg

GW中、お兄さんと嫁はあいかわらず断熱材はりでした。

最後の日は朝から昼休憩をはさんで、
夕方まではり続けました。

前回まで貼った分が、
タタミ一畳ほどの大きさのカネライトフォーム7枚、

この日5枚貼り足して全部で12枚貼り、
天井のほとんどの部分を覆うことができました。

低所やロフトから行ける場所の作業は、
脚立を使えば比較的安全にできるので、
貼る人、カネライトフォームを切る人、と
分業して進められました。
ceiling12.jpg
この辺は比較的楽に貼れました。

高い場所の施工をするために、
今までより20cm背が高い脚立を買いました。
はしご状にすれば40cm高くなります。

脚立に投資することで、
何とか一番高いところの断熱材も貼ることができました。

ceiling11.jpg
貼る人と助手、という形にしないと
安全に作業ができず、スピードは大分落ちました。

ceiling14.jpg
屋根の三角形の頂点がきつかったです。

最後の6区画ほどを貼るのに
とても時間がかかりました。

ceiling13.jpg
写真の一番左側の区画が
未施工ですが
この部分は角材を当てて
化粧板を貼るための土台を作らないといけないので
後日にまわします。

残った部分が少しありますが、
ここまで貼ると、室温がかなり安定し、
昼は涼しく、夜は暖かくなりました。

効果てきめんです。

mame107.jpg
カネライトフォームはあったかいです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
  ご訪問ありがとうございました。
  ブログ村に参加しています。
  どれか一つ押していただけると嬉しいです。

    にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

プロフィール

mame

Author:mame
☆ ☆ ☆ ☆ ☆

猫のまめが、リノベーション/リフォームの二世帯住宅をご紹介するブログです。

家族構成や二世帯化の経緯については→

ローコストで収めるため、DIYもたくさんやっています。

まめは2010年生まれの女の子。キジ白柄で目は緑です。

スポンサードリンク
最新記事はこちらです
カテゴリ
窓 (2)
AV (4)
月別アーカイブ
登録
最新コメント
スポンサードリンク
過去1ヶ月の人気記事です
リンク
★まめアルバム 
★まめアルバム2 
検索フォーム
  • admin
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。