スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁にぴったりの本棚DIY☆完成編

こんにちは。
丸いことで有名なまめです。
mame277.jpg

前回から、DIYの本棚づくりについてご紹介させていただいています。
壁にぴったりの本棚DIY☆準備編

前回は棚の幅がほんのわずかだけ大きすぎた問題を
壁のでっぱりとぶつかる部分をトリマーで削って解決しました。

トラブルが解決できたら、組み立ては簡単です。

まずは木ねじを入れたときに板が割れないように、
細いドリルで下穴を開け、
bookcase3_10.jpg

ねじ頭が飛び出さないように太いドリルで溝を作っておきます。
bookcase3_11.jpg

今回は棚板が十字に交差する形の本棚を作るので、
少し複雑な工程で組み立てます。

まずは縦板を横板にねじ一本でくっつけて縦板を回転させます。
bookcase3_12.jpg

次に回転させた隙間からねじを入れて、
上段の横板と、下段の縦板をくっつけます。
bookcase3_13.jpg

最後に上段の縦板を回転させます。
bookcase3_14.jpg

(作り方をもっと詳しくご覧になりたい方は、こちらの過去記事をどうぞ
「DIY本棚3☆本棚の作り方」で図解つきで説明しています。)

この調子でどんどん組み立てて、
あっという間に棚が完成しました。
bookcase3_15.jpg
棚が二つありますが、積んで一つの大きな棚にします。

分割した理由は、材料を車で運べるサイズにしたためです。
一つの大きな棚だったら現場での取り回しが難しく、
設置に困っていたと思います。
結果的に正解でした。

棚を設置して、もともとあった無印良品の棚も入れます。
bookcase3_16.jpg
前回の記事でご紹介させていただいた通り、
本棚の横幅が壁のでっぱりにぶつかって入らなかったので、
トリマーで溝を作って修正していました。

溝の深さが足りているかドキドキでしたが、
MUJIの本棚を木槌で叩き入れて
ようやく入りました。冷や汗をかきました。

びったりサイズになってかえって安定性が増してよかったところもありますが、
地震に備えて本棚を壁に固定しておきます。

我が家に余っていたL字金具を使い、
壁とくっつけられそうなところは全部止めました。
上段の棚と下段の棚も木ねじでくっつけました。
bookcase3_17.jpgbookcase3_19.jpg
bookcase3_18.jpgbookcase3_20.jpg
(写真ではねじ頭が見えてしまっていますが、
下から木ねじをもんで、ねじ頭が棚板上部にでない方が、
機能的にも見た目的にもベターです。)

DIYならではの試行錯誤や小さな失敗はありましたが、
本を入れて何とか完成です。
bookcase3_4.jpg
かなりきっちり詰まります。
必要な本をすべて入れても、スペースが余ったので
雑貨なども収納しました。

bookcase3_2.jpg

トイレに行く廊下がかなり狭くなったことと、
シナよりも表面がざらざらしたラワン材を使ったことによって、
洋服をひっかけないかが心配でしたが、
今のところ大丈夫そうです。

とはいえ、未塗装でサンダーもかけていない
ラワンはザラつきます。
この本棚の本は基本的に保存用なので気にしないのですが、
頻繁に本を出し入れするなら、
塗装するか別の材料を使うかしないと
本が傷むと思います。


かかった費用は
ラワンランバーコア15mm厚 910x1820 2枚で4500円
カット代で900円です。
その他、木ねじなどは家にあったものを使用しました。
(ラワンランバーコア材は端材がでたので、
次回のDIY用にとっておきます。
実際に使用したのは、1.5枚分ぐらいです。)

9時ごろ作業を開始して、トラブル→その解決と昼食の時間を含み、
だいたい14時半ぐらいには完成しました。
(材料を買いに行く時間と交通費は別)
これぐらいのコストで部屋がきれいになったので満足です。

mame278.jpg
本格的な春が待ち遠しいですね。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
  ご訪問ありがとうございました。
  ブログ村に参加しています。
  どれか一つ押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

壁にぴったりの本棚DIY☆準備編

こんにちは。まめです。
mame280.jpg

今日は増えた本を収納するため新たに作った
ぴったりサイズの本棚のDIYをご紹介させてください。

*我が家にはたくさん本があるので、
本棚DIYについては何度もご紹介させていただきました。
以前の本棚づくりについては過去記事をご覧ください
DIY本棚1☆高さを合わせてすっきり
DIY本棚2☆入れるものに合せた棚作り
DIY本棚3☆本棚の作り方
余ったフローリング材でDIY本棚
フローリング材でDIY本棚☆その2

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

我が家では以前にも入れるものに合わせた本棚を作りました
今回も同じように設計します。

入れたいのは主にハードカバーの本
判型で言うとA5サイズの本(210mm×148mm)。
我が家は洋書も多いので、将来本棚を使い回すことも考えて、
棚一段の内寸は高さ25cm、奥行16cmぐらいは欲しいところです。

設置場所はこちら。トイレに向かう廊下の突当りのスペースです。
既に無印良品のパルプボードが置かれている横です。
bookcase3_1b.jpg
陰になっていて見えませんが、廊下の右奥にトイレのドアがあります。

棚の奥行は、トイレのドアが干渉しないぎりぎりの17cmに決定。
棚全体の高さは、左においてある
無印良品のパルプボードボックスを積んだ棚に合わせることにしました。
また、車に搬入できる材料の長さ、実際の施工性を考慮して、
上下に2分割しました。分割ラインもパルプボードの規格に合わせます。
棚一段の高さは、棚全体の高さを等分して、
入れたい本のサイズに合わせて大体22cmと25cmになるようにします。

bookcase3_sketch.jpg

材料は前回のDIYと同じ、シナのランバーコア15mm厚にしようと思いましたが、
ホームセンターにあったラワンのランバーコアの表面が思ったより綺麗だったので
ラワンを買いました。シナで作るよりだいぶ安くなりました

サブロク板(910mm×1820mm)を購入して、お金を払ってカットもしてもらいます。
ちなみに、カットする際に「木取り図」という、
原板からの材料の切り取り方法を示した図面を作成する必要があります。
ここでのコツはいかにカット数を減らしながら、無駄なくレイアウトするかですが、
説明が煩雑になるので、ここでは省略させていただきます。
bookcase3_5.jpg
我が家には丸ノコがあるので自分でカットもできますが、
巨大な板は車に乗らないし、
自力カットは重労働&精度がでないので、
ホームセンターでお願いしました。
端材が多く出たので、別のDIYに使い回します。

bookcase3_3.jpg
あとは板に印をつけて下穴を開けて組み立てるだけです。
午前中だけで余裕で完成と思ったのですが、

トラブルが発生しました。

途中まで組み立てた後でわかったのですが、
棚の幅をぎりぎりにしすぎて
日本家屋独特のでっぱりに引っかかってしまいました。
bookcase3_6.jpg

拡大するとこんなかんじです。
あと5mmだけ、本棚の横幅が大きすぎました。
bookcase3_7.jpg

解決策としては
①棚の幅を縮める
ことが考えられます。

丸ノコがあるのでできなくはないのですが、
せっかくホームセンターでカットしてもらって精度が出ているのに
それが台無しになるのと、
7枚もある横板全部を切るのが大変なので却下です。

②でっぱりとぶつかる部分に溝を掘る
という方法は、道具がないと難しいですが、
我が家には溝掘り専用の工具、トリマーがあったのです。
(トリマー購入の理由については
こちらの記事をご覧ください。)

でっぱりの幅と深さに合わせてトリマーで溝を掘ります。
bookcase3_8.jpg

溝ができました。
bookcase3_9.jpg

1時間ぐらい時間が余計にかかりましたが、
板7枚を短くするよりずっと簡単でした。
トリマーをまた使う日がこんなに早く来るとは思いませんでした。

長くなってきましたので、
完成までは次回にご紹介させていただきます。
mame279.jpg
だんだん暖かくなってきましたね。むにゃむにゃ

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
  ご訪問ありがとうございました。
  ブログ村に参加しています。
  どれか一つ押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

フローリング材でDIY本棚☆その2

こんにちは。
mame123.jpg
どアップのまめです。ちょびひげがトレードマークです。

前回から
フローリング材で作ったベッドボード兼本棚を
ご紹介させていただいています。
1fbookcase.jpg

ベッドの頭の部分に大きさを合わせて
すっきり見えるように工夫しました。

ベッドの頭の部分は、
幅が145cm、高さが63cmでした。
フローリング材の長さが182cmだったので、
余裕で145cmを切り出せます。

文庫本の高さが15cmぐらいで新書本は18cm強。

本棚の高さは63cmなので
板の厚み分を考慮すると
4段は厳しいので、3段にすることにしました。

3段だと1段分の高さが
63cmから板の厚み1.5cm×4=6cmを引いて
三等分した19cmになります。
新書本の大きさ + 本を取り出すための余裕も加えた
ちょうど良い大きさになります。

1fbookcase22.gif
仕切り板は最低限に入れることにしました。

2階にはDIYで、仕切り板と横板が格子状の棚を作りました。
(作り方はこちらで記事にしました。)
確かに見た目はきれいになりますが、
ねじの入れ方に工夫がいるので
やっぱり作るのが少し面倒です。

1fbookcase33.gif

仕切り板が互い違いになっていると
何の工夫もなしに横板と仕切り板をくっつけることができます。

1Fbookcase3.jpg
このように横板と仕切り板の接合部はT型になります。
仕切板の垂直がでていませんね。

シナランバーコアに比べて
無垢フローリング材は板に歪みがあります。
また、自分たちで切断する精度の問題もあるので
簡単な構造にしました。

いつもの丸ノコを使って、
saw1.jpg
フローリング材をカットし、
サンダーをかけたら、
下穴を開けて、ねじ頭を埋めるために下穴上部を
太いドリルでえぐっておきます。

もう一つのDIY本棚同様、
組み立て時のボンド省略。
塗装も省略です。

適当な板がなかったので背板も省略しました
背板がないと構造的に不安定で、平行四辺形にゆがみます。
そのうち時期をみて改善するつもりですが、
気になる程度ではないので、当座はよしとします。

1Fbookcase2.jpg
写真に写っていますが、切断の際にあまり精度が出せず、
棚の方がベッドより少し背が高くなってしまいました。
こちらはもう目をつむることにします。

色々ありますが、
余った材料を使って
文庫、新書がぴったりおさまる本棚ができ、
空間の有効活用ができるようになりました。

1Fbookcase6.jpg
枕元にめがねや目覚まし時計も置けるようになり、
よかったと思っています。

mame122.jpg
出窓で夕涼みするまめでした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
  ご訪問ありがとうございました。
  ブログ村に参加しています。
  どれか一つ押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

余ったフローリング材でDIY本棚

こんにちは。
nekos1.jpg
こちらはご近所の猫さんです。

まめとは違って
いっぱい触らせてくれる
フレンドリーな子です。

まめはツンデレです。
mame120.jpg
遊びに誘うときは、遠くから見つめます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
この部屋は畳じきですが、
以前の家でも使っていた
無印良品のベッドをそのまま使っています。
bedroom4.jpg
この写真にはまめも写っていますよ。

MUJIの廃番品(バーチ材 ナチュラル)を
アウトレットでとてもお安く買いました。
/bed_muji.jpg
塗装もテカテカして見た目の高級感はありませんが、
デザインがシンプルなので気になりません。
こういう中途半端に安いベッドは
MUJIにはなくなってしまったようです。

部屋の真ん中にベッドを置いてしまったのに、
頭のところに物を置く場所がないので
少し不便に思っていましたが、

入居してしばらくして、
施主支給で余った無垢のフローリング材
ベッドボードにもなる本棚を作ろうと思い立ちました。
/surplus_flooring.jpg
まめの尻に敷かれた(?)フローリング材の余りです。

こう思った理由は、
文庫や新書がたくさんあるのに、
仕切りの細かい本棚がなかった

ということもあります。

MUJIのパルプボードボックスに、
雑に詰め込まれている状態でした。
/bookshelf_demerit.jpg

わが家がいかにパルプボードボックス好きかということは
こちらこちらの記事に書きましたが、
パルプボードボックスは
奥行きも深く、小さな本を詰めるのには全く向かないのです。

フローリング材は、幅が13cmのものを買いました。
(フローリングについての記事はこちら
文庫や新書は幅10.5cmなので、奥行きはぴったりです。

厚みが1.5cmというのは、
本棚の材料としては、
強度的にも・加工する上でもちょうどよく
我が家の本棚の板は大体この厚さで統一しています。
ちなみに無印のパルプボードボックスもこの厚さです。

丸ノコでカットすれば
立派なDIY材料になるのは
無垢材だからこそです。

できあがりもとても重くなってしまいますが、
無垢材でよかったと思いました。

できた本棚が
1fbookcase.jpg
こちらです。

長くなってしまったので、
細かい作り方や寸法などは
また次回ご説明させていただきます。

nekos2.jpg
触ってちょーだい。と言わんばかりの
頭のだしかた。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
  ご訪問ありがとうございました。
  ブログ村に参加しています。
  どれか一つ押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

プロフィール

mame

Author:mame
☆ ☆ ☆ ☆ ☆

猫のまめが、リノベーション/リフォームの二世帯住宅をご紹介するブログです。

家族構成や二世帯化の経緯については→

ローコストで収めるため、DIYもたくさんやっています。

まめは2010年生まれの女の子。キジ白柄で目は緑です。

スポンサードリンク
最新記事はこちらです
カテゴリ
窓 (2)
AV (4)
月別アーカイブ
登録
最新コメント
スポンサードリンク
過去1ヶ月の人気記事です
リンク
★まめアルバム 
★まめアルバム2 
検索フォーム
  • admin
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。