スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイル仕上げ無垢床の再塗装

こんにちは。
ゴールデンウィークを楽しんでいるまめです。


すぐ眠くなっちゃいます。
mame246.jpg

暑くもなく寒くもなく、
空気も乾いて気持ちいいこの季節、
わが家は入居2年目を迎えました。

それはつまり、
そろそろ床のメンテナンスの時期
がきたということです。

わが家の2階部分は、無垢フローリングをはり、
オスモカラーという、専用のオイルを塗った
自然塗料仕上げです。

オイルは表面に塗膜を作るかわりに、
浸透してフローリングを保護するので、
木の風合いを生かした、
さわり心地のよい仕上がりになります。

floor1.jpg
こちらがオイル塗りたての、
入居直前の様子です。
わが家の床塗装については次の記事で紹介しております。
二階の床☆DIYオイル塗装の無垢フローリング

この記事でも書きましたが、
実はわが家では、オイル選びに失敗していました。

オスモオイルはいろいろな種類がありますが、
フローリング用で、色がつかないクリアーのタイプは、
「フロアクリアー」という商品です。
ですが、わが家は勘違いで、
主に室内家具用の「エキストラクリアー」を塗ってしまいました。

エキストラクリアー自体もそれなりに耐久性がありますが、
やはり床用として、撥水性や防汚性に優れているのは
フロアクリアーです。
(正直、わかりづらいです・・・)
オスモオイルは2~3年で塗り替えることを推奨されていますが、
そういう事情もあって、わが家は2年で塗り替えです。

ゴールデンウィーク中の天気のいい日を選んで
部屋の荷物をできるだけ外に出し、
徹底的にお掃除します。
floor5.jpg
日焼けと汚れで、2年間でかなり色が変わりました。

floor7.jpgfloor4.jpg
特に本棚の日焼け跡がすごいです。

この後、汚れが気になる場合などには、
サンドペーパーで削ったり、
専用のクリーナーを使ったりして綺麗にするようですが、
わが家は多少の黒ずみや経年変化は
味と考えることにして、
拭き掃除でおしまいです。

osmo.jpg
今度は間違えずに、
オスモオイルのフロアクリアーを注文。
フロアクリアーにはさらに「3分艶」と「艶なし」がありますが、
わが家は「艶なし」を選択。

大橋塗料さんで購入しました。
東京都内から注文すれば、基本的に翌日届けてくれます。
HPには、オスモやその他のオイルを使った
床塗装&メンテナンスの方法が詳しく載っていて、
とても便利です。

塗ったところはこんなかんじです。
floor10.jpg
左側が塗った部分で、右側が未塗装部分です。

floor9.jpg
荷物などが残っている部分を除いて
部屋のほとんどが塗れたら
乾燥を待ちます。

フロアクリアーの乾燥時間は約12時間。
速乾タイプのフロアクリアーラピッドもあり、
少しだけ高価ですが、4~5時間で乾いたので、
こちらにすればよかったです…

少し余計に時間はかかりましたが、
乾燥して天気がよく、風のある日だったのでみるみる乾いて、
一日で部屋全部を塗りおえることができました。

floor11.jpg
床がしっとりしました。

floor12.jpg
水もどんどんはじきます。

フロアクリアーを塗ったので、
次のメンテナンスは2年後ではなく、3年後でしょうか。
エキストラクリアーとの違いが見えてきたら
また記事にしたいと思います。

いずれにせよ、
貼ってしまえばそれで終わりという一般的なフローリングと違い
無垢材+オイル仕上げという床にすると、
定期的な塗り直しが必ず必要です。

そしてメンテナンスを結構がんばっても、
普通のフローリングよりは
黒ずみや染みがつきやすいです。

いつもピカピカの床が好きな人や、
メンテナンスができるだけ簡単な方がいいと思っている人には
向かないかもしれませんが、
わが家では、無垢フローリング+オイル仕上げの気持ちよさは
数年に1回、休日を丸一日潰して
維持するだけの価値がある

と思ってやっています。

mame244.jpg
風が気持ちいいです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
  ご訪問ありがとうございました。
  ブログ村に参加しています。
  どれか一つ押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

二階の床☆DIYオイル塗装の無垢フローリング

こんばんは。
mame3.jpg

二階の床は、
もともと複合フローリングが貼ってありましたが、
表面がはげたり、ぼろぼろだったので、
上から無垢フローリングを貼りました。
floor2.jpg
幅13センチ、厚み1.5センチの
ラーチ材です。
東京工営さんの「ラーチ・エリートフローリング」を使いました。

無垢フローリングは、
足にやさしくてとても気持ちいいのです。
ラーチ材は無垢材にしてはコストが安くて
同様に安いパイン材よりも硬くて傷つきにくいとされます。

floor3.jpg
無塗装状態なので、真っ白です。
ここまでは工務店さんにお願いしました。

ここからはDIYです。
お兄さんと嫁は、
さらにコストをうかすため
自力で仕上げ塗装をやりました。

まずは、サンダーで表面をならします。
(お兄さんはこのためにサンダーを買いました)

240番の紙ヤスリで一回全体をサンダーがけして
塗装の下地づくりを行います。

その後は、床用のオイルで仕上げます。
植物油をベースにした自然塗料として有名な、
オスモカラーを塗りました。
今回はクリアータイプのものを選定し
もともとの木の質感、風合いを活かすようにしました。

一回塗って、乾いたら
二度目を塗ります。
floor1.jpg
オイルがしみこんで、ちょっとだけ濃くなりました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村



本文を書いた後に発覚しましたが、
わが家は間違えて床用ではない、
家具用のオイルを塗っていました。
忙しさのあまり、発注ミスがあったようです。
後で記事にします。
オイル仕上げ無垢床の再塗装


テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

プロフィール

mame

Author:mame
☆ ☆ ☆ ☆ ☆

猫のまめが、リノベーション/リフォームの二世帯住宅をご紹介するブログです。

家族構成や二世帯化の経緯については→

ローコストで収めるため、DIYもたくさんやっています。

まめは2010年生まれの女の子。キジ白柄で目は緑です。

スポンサードリンク
最新記事はこちらです
カテゴリ
窓 (2)
AV (4)
月別アーカイブ
登録
最新コメント
スポンサードリンク
過去1ヶ月の人気記事です
リンク
★まめアルバム 
★まめアルバム2 
検索フォーム
  • admin
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。