スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIYテーブルの反り止め加工☆その3☆トリマーを使うコツ続編

こんにちは。
mame261.jpg
階段で佇むまめです。

前々回、前回と、
DIYテーブルの反り止め加工について
ご紹介させていただいています。
「DIYテーブルの反り止め加工☆その1」
「DIYテーブルの反り止め加工☆その2☆トリマーを使うコツ」

前回の記事では、
トリマーを使う上で
安すぎるビットは使わない方がいいと
ご紹介させていただきましたが、
今回試行錯誤する中でもう一つ分かったのは、
まっすぐ削るためのガイドがとても重要ということです。

トリマーを使うとかなりの振動が起きるので、
線を引くときの定規のように、ガイドを当てないと
まっすぐの溝を掘ることはできません。

作業を始めたばかりのときは、
棚板をガイドにして、
助手役が全体重をかけて板を押さえていました。
router6.jpg
(この写真の左端の板を使いました。)
このやり方だと、気をつけていても
板がずれてしまい、
とても時間がかかりました。


そこで、反り止め用の金属板を逆向きにビスで仮止めして、
ガイドを代わりにしました。
router9.jpg
ビス穴が残ってしまいますが、これなら絶対にずれません。

ガイドが固定されたことで
大幅にスピードアップしました。


もう一つ、ビットを折らないために大事なのは、
一度に深く掘ろうとしないことです。

深い方の溝は、11mmの深さにしなければいけなかったのですが、
幅4mmの細いビットを使うので、気をつけて、
3mmずつ、数回に分けて
少しずつ溝を深くしました。
soridome2.jpg
安い方のビットを2本折ってしまった後なので
慎重になりすぎたかもしれませんが、
後から買った高いビットは折れることなく使えました。

深い溝が二本惚れたら、
その間を幅10mmのビットで浅く削ります。
soridome3b.jpg

かなりの試行錯誤がありましたが、溝が完成しました。
soridome4.jpg
なかなかきれいにできました。

ビットが折れるトラブルもあり、
初日は午後いっぱい使って
深い溝が二本掘れただけでした。

正直、初日の作業の進みの遅さに心が折れかかりました
トリマーの使い方の勘所がつかめたおかげで、
二日目には深い溝二本+あいだの浅い溝のワンセットを
だいたい1時間で掘れるようになりました。
大進歩です。

またまた長くなってきましたので、
完成形は次回ご紹介させてください。
mame262.jpg
さようなら。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
  ご訪問ありがとうございました。
  ブログ村に参加しています。
  どれか一つ押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mame

Author:mame
☆ ☆ ☆ ☆ ☆

猫のまめが、リノベーション/リフォームの二世帯住宅をご紹介するブログです。

家族構成や二世帯化の経緯については→

ローコストで収めるため、DIYもたくさんやっています。

まめは2010年生まれの女の子。キジ白柄で目は緑です。

スポンサードリンク
最新記事はこちらです
カテゴリ
窓 (2)
AV (4)
月別アーカイブ
登録
最新コメント
スポンサードリンク
過去1ヶ月の人気記事です
リンク
★まめアルバム 
★まめアルバム2 
検索フォーム
  • admin
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。